本文へスキップ

蹴球団藤岡キッカーズは群馬県藤岡市で活動するサッカークラブです。



http://www.fujioka-kickers.com

CLUBCLUB CONCEPT

蹴球団藤岡キッカーズ

 蹴球団藤岡キッカーズは、藤岡高校サッカー部OBを中心に1961年11月に創立されました。

 現在、クラブのトップである『藤岡キッカーズ』と、藤岡キッカーズのOBで構成された『FK藤蹴
(とうしゅう)』は群馬サッカーリーグに所属し、『FK藤陵(とうりょう)』は市内のシニア選手の方々と藤岡四十雀で活躍しています。

 2002年12月には、群馬県や藤岡市のスポーツ関係者を招き、40週年記念式典を行いました。

 これを機に、翌年の2003年にジュニアユースが活動を開始し、2006年にはジュニアスクールを開校し、ジュニア世代の育成にも熱意ある運動を行っています。


エンブレム由来

 中央の鳥は純白のシラサギ(藤岡市歌:空高く白鷺は舞う、理想の道をひとすじに・・・)。

 背景は岡や山
(みかぼ)から流れてくる清流をイメージ。
 上部の川は雷
(みかぼの夕立ち)もイメージしています。

 自然のエネルギーを受けて清く大らかに飛んでいるシラサギのように、力強く羽ばたいて飛躍したいという願いを込めました。

 藤の花
(家紋の上り藤)で両脇を飾り、燃える闘志を感じさせています。

 下の数字はクラブが誕生した年
(1961年)

 最上部のサッカーボールはサッカーを愛する気持ちを表現しています。


クラブ理念

  • サッカーを通じての人間形成・コミュニティーの提供・豊かな社会づくり。
  • 地域の人たちと協力し合い、地域に根ざした活動を続ける。
  • 生涯を通じてサッカーに触れ合える場をつくる。
  • 子供たちに夢を与え、将来、活躍できる選手の育成を目指す。
  • サッカーへの限りない情熱をもって、次なる10年に努力していく。

バナースペース

蹴球団藤岡キッカーズ

お問い合わせはこちら